不動産売却で絶対に損をしたくない方は必見

計画を立てることが重要

集合住宅

中古購入の注意点

杉並区で中古マンションを購入するなら、どんな物件が売りに出されているのか調べてみることです。そうすれば購入予算が立てやすくなります。安い中古マンションほどメンテナンスをしっかりしていない可能性があり、そうすると購入後にリフォーム工事をする必要があります。その場合は、マンション本体の代金と、リフォーム工事の費用を合計した金額が購入予算になります。予算にあった中古マンションが杉並区にあったら、現地見学をします。中古マンションの見学は、不動産会社に連絡をすれば無料で出来ます。杉並区の中古マンションは人気なので、好条件な中古マンションが売りに出されるとすぐに買い手がつきます。いいと思った中古マンションがあったら、早めに不動産会社にアポを取って見学をすることをお勧めします。杉並区でも築年数が経過した中古マンションほど、実際見ただけではわからない部分が老朽化している可能性があります。売り主からリフォーム工事済みの箇所を聞いて、さらにリフォームが必要な箇所があるかどうか、細かくチェックしておくことが大切です。購入したあとに後悔しても手遅れなので、時間をかけて現地見学することは重要なことなのです。しっかり調べて気に入った中古マンションがあったら、売り主との間で売買契約を締結します。なお、金融機関で住宅ローンを組む場合は、売買契約前に、住宅ローンの仮審査を申し込むのが一般的です。そして売買契約をしたあとに本審査をしてローンの融資が決定します。

Copyright © 2017 不動産売却で絶対に損をしたくない方は必見 All Rights Reserved.