不動産売却で絶対に損をしたくない方は必見

契約の流れ

男性

申し込みから入居まで

ウィークリーマンションやマンスリーマンションは、京都に一週間以上長期滞在するときに便利です。ビジネスホテルよりも安く、賃貸マンションよりも気軽に契約することができます。契約までの手続きは、そのマンションによって微妙に違います。まずネットで京都で長期滞在できるマンションを探します。1ヶ月以内ならウィークリー、1ヶ月以上の長期滞在ならマンスリーがお勧めです。そして申込書を電話やWEBで請求します。申込書が届いたら、必要事項を記入して郵送またはFAXで送信します。契約にあたっては、免許証やパスポートなどの身分証明書のコピーが必要です。ネットの申し込みフォームから申し込みができるマンションもあります。申込書の受付が完了すると、「定期建物賃貸借契約書」が自宅に届きます。それに必要事項を記入して郵送します。その後、必要な費用を指定された銀行口座に前払いします。大きな会社であれば、クレジットカード決済やコンビニ決済もできます。京都のウィークリーやマンスリーマンションは、家賃と管理費に光熱費やネット代が加算されている場合が多いです。そのため、光熱費やネット代を気にしないで、京都に長期滞在することができます。ただし、週ごとに光熱費や清掃費が別に請求される場合もあるので、その辺は契約前によく確認しておくことが大切です。契約書を郵送して前払い費用をすべて納めたら契約は完了です。鍵は入居する日までに、近くにある店舗に受け取りにいきます。

Copyright © 2017 不動産売却で絶対に損をしたくない方は必見 All Rights Reserved.